修験とは何か?③

 修験道の成立を知る手掛かりとして欠かせない資料が、
『続日本紀』と『日本霊異記』です。
当山派修験道では、更に『修験道要典』と『修験道聖典』も、
必要不可欠な資料となります。
これらの資料を併せながら、役行者像を捉えて行きたいと
思います。

手持ちの『日本霊異記』は、小学館の日本古典文学全集です。
著者は、薬師寺の官僧であった景戒とされています。
官僧とは、天皇から得度を許され、官立の戒壇で授戒を受け、
僧位僧官を有する僧侶です。
官僧は、納税や兵役が免除されていました。
官僧になるには試験があり、相応の学問がないと合格しません。
紙や墨は非常に高価で、一般庶民では使えませんでした。
文字を学ぶだけでも、限られた人達だけしか許されていない時代に、
漢文を滞りなく書けなければならず、非常に難関な試験で、
この当時は、妻帯者でも官僧に成れました。
景戒についての詳細な人物像は不明ですが、非常に博学な
文化人であることは確かです。
景戒上人については、非常に興味の尽きない方なので、
機会があれば、薬師寺の方に尋ねてみようと思います。

 本文中の記載から延暦6年(西暦787年)には、既に底本が
完成していた様に見受けられます。
役小角が伊豆大島に流罪となってから、88年後のことです。
この年代間の差は非常に大事で、景戒上人の知り合いや親戚には、
役行者と直接会った人が含まれると思われるためです。
『日本霊異記』上巻第28話に、役行者の記載があるので、
ここから紐解いてみましょう。

役行者の史実的名称は、賀茂氏役君小角と言われていました。
氏(うじ)は賀茂一族、姓(かばね)は役の君なのですが、
少々、論争が出るのは名の小角です。
幼名が、小角(おずぬ)なのか?
それとも、角から新宅にでた家の息子を指すのか?

生駒山の口伝では、本屋(おもや)を大角、新宅を小角と呼び、
賀茂一族の中で、雇役(身役労働の納税)を管掌していた
角一家の中で新宅に出た家の息子を表す名称を指します。
個別の呼称については、ハッキリしないのが事実です。
早い話、地方豪族である賀茂一族の中で、雇役を管掌していた
長官の角家から分家した家の息子を指します。
こうなると役行者の該当者は多数に及び、実際、雇役の長官、
薬園師、医師(くすし)、笛の楽師などが実在していた様です。
書物により、役行者の生まれ年が異なるのは、このためです。
修験の成立を紐解く意味で、非常に重要な意味を持っています。
ここで、修験の祖とされる役行者を特定する一番の決め手が、
大島流罪の人物は、どの様な方だったのか?
この点に集約されてきます。


テーマ:同人活動 - ジャンル:サブカル

19 : 59 : 17 | 修験道 | コメント(0) | page top↑

修験とは何か?②

先ずは、『続日本紀』から役行者像を紐解きたいと思います。

『続日本紀』は、文武天皇元年(697年)から桓武天皇の
延暦10年(791年)までの記録を扱う勅撰史書です。
延暦16年(797年)に完成しました。

『続日本紀』によると、役小角は文武天皇3年5月24日に、
伊豆大島に流罪となりました。
西暦699年6月29日の出来事です。
流罪の理由は、呪術で人々を妖惑したと密告された様です。
どのような事を起こしたのか不明ですが、島流しの罪人を
外従五位下の韓国広足は、師としていたと記されています。
この当時の常識では、有得ない話です。

韓国広足は、神亀年間(724~729)に、典薬寮の呪禁師を務め、
天平3年(731年)1月27日に外従五位下、翌4年(732年)
10月17日には典薬頭に任命されています。
恐らく、729~731年頃は、呪禁博士だろうと思われます。
この方の祖は、物部氏ですが、厭魅(呪いを防ぐために学ぶ呪術)
蠱毒(呪いをかけるために学ぶ呪術)を扱う専門職でした。
早い話、解毒薬と毒薬の生薬を取り扱います。
現代的に言えば、一種の催眠療法も行った様です。
史書に描かれているのは、ここまでの内容だけです。

逆に、ここまでの記述で読み解けるのは、呪禁師である
韓国広足の師匠は役小角なので、役小角も呪禁師です。
呪禁師なのですから、分類としては神仙方術士になります。
よって、雲に乗り空を飛ぶ逸話は、奥義を極めた者への
敬意を込めた伝説との答えが導けます。
実は、この話、生駒山相伝の口伝でもあります。

ところが、史実の文字だけを解釈していると話に無理が出て、
思わぬ大問題が生じるのです。
「典薬頭が流罪となった罪人を師と仰ぐのか?」
「そもそも、師匠を密告して罪人にするなど有得ない!」
「方士なのに、優婆塞なのか?」
「蠱道は、修験に含めても良いのか?」
「役行者が蔵王権現を感得した事は、どう扱うのか?」
「これだと柱源神法護摩の役行者相伝説が否定される!」
「山岳修業と冬山登山は、どちらが厳しいのか?」
「修験と両部神道及び山王神道の違いは何処か?」
他にも、多くの疑問や矛盾を抱えだして修験が成立しなくなり、
困った事に、古代の神道と古代の方術の境が曖昧になります。
ここで、更に別の道に派生するのが、「神道とは、何ですか?」
こちらの疑問点にも枝葉が伸びてしまい、江戸時代末期には、
慈雲尊者が葛城神道を提唱しました。

疑問点を明確にしようとすると別の疑問点が湧いて出て、
「鶏と卵は、どちらが先か問題」と同じ様相に陥ります。
そこで、役行者が生きていた時代的背景や時代の隙間を
埋める別の宗教指導者の存在を理解しないと話が一向に、
前へ進みません。
次回から、『日本霊異記』の記述も併せながら、更に深い解読を
進めて行きます。

18 : 20 : 18 | 修験道 | コメント(0) | page top↑

修験とは何か?①

ブログを綴るに当り、『役行者』の人物像と『修験』の解説と、
どちらを先に紹介すべきか迷いました。
どちらも修験教義に必要不可欠な定義ではありますが、
その範囲を特定するに当り、非常に厄介な問題に直面します。
各流派や各地の霊山による伝承の違いが大きく、統一的な
見解が出し難い課題が存在しています。

例えば、「役行者は修験道の開祖なのか?嚢祖なのか?」
この問題だけでも、意見が分かれ流派による違いがあります。
開祖の場合、「修験道のもとを開いた最初の人」」の意になり、
嚢祖の場合、「修験道を始め出した人」の意に成ります。
一般的には、同じ意味に受け取ってよいのですが、役行者を
真似して修業した最初の人(中興の祖と呼ばれる人)により、
些か定義の意味合いが違ってきます。
なぜなら、「修験道とは何か?」この言葉の定義が明確に、
示せない宗教的な違いが生じるためです。
この課題は、修験の基に成る教義は何かを特定することに、
他なりません。
更に、もう一つ、「役行者には、師匠はいないのですか?」
この疑問に、どの様な回答を見出すかで、修験の意味する
定義が異なります。
その具体例としては、
「孔雀明王の呪法を極めたから、空を飛べたのか?」、
「秦氏相伝の仙術(方術)を極めたから、空を飛べたのか?」
どちらの説ならば、役行者の空を飛ぶ伝説が可能であるのか、
修業方法と学んだ術が異なります。
伝説にするにしても、孔雀明王の呪法では無理がでます。
どちらの説が有力になるのかは、流派により見解が異なりますが、
日本の伝説上、空を飛ぶ伝説を持つのは、久米仙人と役行者のみで、
とちらの説であっても、雑部密教と方術の関り合いは認められます。
この秦氏相伝といわれる方術は、「道教なのか?古神道なのか?」
更に、細かい分類の必要が出てきます。

ここで、問題を元へ戻すと、「役行者の師匠は誰ですか?」
この問いが解けないと、更に別の難題が待ち受けています。
修験道は、日本独自の精神文化に基づいた日本独特の宗教ではなく、
日本独自の精神文化を生み育てた宗教思想の一つなのですが、
歴史的史実に基づく定義付けに窮する問題を内包しているのです。
役行者を知る手掛かりは、『続日本紀』に数行記載されたのみで、
その他にも、『日本霊異記』にも記載されていますが、こちらは、
薬師寺の景戒を中心に、法相の学僧たちが平安時代初期に記した
仏教説話集です。
説話集とは、おとぎ話の伝承集なので、史実ではありません。
そこで、『続日本紀』を読むと大島へ流罪となったとしか、
数行の記載しか見当たらず、その他の事は不明なままです。
最終的には、後世の各宗祖による役行者像の定義づけを
待たなければ、「修験道とは何を意味するのか?」
これすら明確な回答は出来ないのです。
こうなると垂迹神の問題も絡み蔵王権現や三宝荒神の理解は進まず、
柱源神法の原理も全く分かりません。
これらの話は、後々テーマ別に解説して行きます。

ここでは、当山派修験道の相伝と生駒山の伝承から、役行者と
修験道の関係を紐解くことから試みたいと思います。
生駒山の伝承は、比較的、事実に近い伝承として口伝され、
非常に面白く興味深い話です。
更に、柱源神法には、継承者のみが伝授される口伝の伝承があり、
こちらも合わせながら、役行者の実在象と修験の解説を
進めたいと思います。

18 : 39 : 07 | 修験道 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

上村俊顕

Author:上村俊顕
生駒山修験中興第三世宗家座主
生駒山 八王子施法院院主

最新記事

カテゴリ

紹介 (1)
コラム (0)
役行者 (0)
歓喜天 (0)
毘沙門天 (0)
大黒天 (0)
弁才天 (0)
修験道 (3)
柱源神法 (0)
真言神道 (0)
お知らせ (1)
Twitter (1)

リンク

このブログをリンクに追加する