意外な交友録②

 最近、驚きのニュ-スが世間を騒がせています。
そこで、予定を変更して、この方を紹介します。

ジャニ-喜多川
 
画像の方は親友のジャニ-喜多川さんなのですが、
会えば、互いに、愛称で呼び合う仲です。

 喜多川さんと初めてあったのは、高校生の時、
近藤真彦さんの紹介で、尾崎豊と共に会いました。
富岡八幡の茂永兄様とも共通の友人関係があり、
それぞれ互いに良く知る間柄です。
喜多川さんは、仏事の知識も豊富で、歓喜天を
祭るように勧めてくれた人物でもあります。
インド映画の『踊るマハラジャ』を見て閃いたと、
連絡をくれました。
この頃、歓喜天を祭るには諸条件を満たすのが
難しく、諦めて小さく屈む自分の背中を
押してくれた喜多川さんには感謝の気持ちで
一杯です。
「Do try challenge!」
初めて、会った時からの合言葉です。

その喜多川さんが、故人に成って数年後、思いも
寄らぬ渦中の人と成り驚いています。
喜多川さんの現役時代を良く知る者としては、
報道を見ていて多くの疑問を感じざるを得ません。
マネジメントに厳しかったジャニーさんが、
ファンを裏切ることは有得ない話です。

自分の知る所では、睡眠時間は1日3~4時間、
食事は携帯食とミネラル水、移動の車中で、
食事して歯を磨き、身だしなみを整えて、
分厚く重ねた書類の整理に追われていました。
所属タレントだけで数百名のマネジメントがあり、
オーディション希望者の書類選考をするだけでも、
毎日、数十名の書類に目を通すだけで時間に
追われている日々だとボヤいていたのが現実です。
驚いたのは、米軍採用の携帯食を取り寄せ、
リポビタンDを飲みながら食べていた事です。
何しろ、1年365日間毎日20時間働く男として
広く知られていました。
喜多川さんの現役時代はピンクレディーと同じ位、
忙しい人で、少年達と遊んでいる時間はなかったと
思います。
そもそも、喜多川さんと会える機会が持てるのは、
滅多にないのが、事務所の社員なら皆の知る所です。
もう少し事態がハッキリすれば、意図的な憶測や
誤解も消えるものと思っています。

テーマ:同人活動 - ジャンル:サブカル

14 : 46 : 05 | コラム | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

上村俊顕

Author:上村俊顕
生駒山修験中興第三世宗家座主
生駒聖天党法呪師部大阿闍梨位
醍醐山清瀧党法務
生駒山宝山寺八王子分院
施法院院主                

生駒聖天党の灌頂大阿闍梨と
法務を兼務しています。
醍醐山清瀧党の法務担当です。
プロフィール写真は、清瀧党の
中でも雙龍秘伝を授けられた
者のみが許される印です。
得意は、歓喜天浴酒供です。
当山派生駒山流両部修験神道の
宗家と座主を兼務する傍ら、
柱源法流を受け継ぎ、秦流方術の
広報と興隆にも力を入れています。

最新記事

カテゴリ

紹介 (1)
コラム (2)
歓喜天 (8)
牛頭天王 (0)
秦流方術 (1)
柱源神法 (9)
修験道 (3)
両部神道 (0)
お知らせ (3)
ジャニ-ズ (1)

リンク

このブログをリンクに追加する