歌姫(テレサ・テン)と秦流方術①

 5月8日は、親友の鄧麗君(テレサ・テン)さんの命日なので、
一番好きなCDジャケットを載せました。
醍醐寺成身院齊藤明道大僧正から、秦流方術の門人として、
「歌姫麗君」と称賛し功績を後世に伝える様に仰せ付かりました。
その逸話を紹介します。

鄧麗君1 -1 (3)

 初めて会ったのは、1983年5月中頃だったと思います。
尾崎豊が初コンサ-トを開くので、尾崎さんと一緒に、
コンサ-ト会場の下見へ出かけた際、丁度、その会場で、
リハーサル中だったのが麗君さんでした。
休憩中に二人で訪ね挨拶をすると中国茶を入れてくれたのが、
親しくなった切っ掛けです。
黄色のティーポットで急須に湯を注ぎ、注いだ湯を捨てると
花の様な爽やかな良い香りが辺り一面に広がり、その時、
初めて、中国茶を戴き、中国茶の話題で花が咲きました。

その後も、何度か会い交友は続きましたが、1992年11月、
数年ぶりに京都の醍醐寺で再会を果たすことができました。
彼女の要望で、ある日本人探しが始まり、醍醐寺成身院の
齊藤明道先生の所へ話が回って、あっと言う間に再会が
果たせたので、人の縁の不思議さには感心するばかりです。
涙ながらに握手で挨拶され、アジアの歌姫と称賛される
ス-パ-スタ-と再会して、緊張の余り手が震えたのを
今でも覚えています。
その日以来、互いに大切な親友です。

 1993年5月、結婚式でお馴染みの「あなたと共に生きて行く」
が、リリ-スされると、その当日から、富岡八幡宮の信徒会館で、
この歌の放送を始め出しアジア全域で初めて結婚式の歌として、
採用されました。
八幡様の御縁で、深川周辺の皆さんとテレサ・テンさんの
友情関係が始まったのは勿論のことです。
信仰心の篤い麗君さんは、日本の神社に詣でる道教&仏教系の
クリスチャンなので、少々変った宗教関係ではありましたが、
中国の伝統と礼節を重んじていた人です。

 1995年3月終わりか4月初め頃だったと思います。
麗君さんから連絡を戴き、「体調が整えば直ぐ来日します。」
活動拠点を日本へ移すと弾む様な声で話していました。
誰より一番喜んでいたのは、深川界隈の人達かも知れません。
町会長が音頭を取って、町中に熱烈歓迎の横断幕とポスタ-を
張って、アドバルーンを幾つも揚げる予定でした。
秋の来日を心待ちにしていましたが、その連絡が彼女との
最後の会話に成ります。

 来日の際には時々会いましたが、麗君さんの話では、
台湾の何処かに夕日の素敵な秘密の場所があるそうです。
そこは、彼女の一番好きな風景が広がり、「人生に大きな意味を
与えた特別な星と逢える場所です。」との話でした。
現地の言伝えでは、遠い昔、日本の高僧が目の眩むほど輝く
星から、お告げを受けた聖地とのことです。

この高僧は智証大師(円珍)ですが、醍醐山清瀧党にも同じ
内容の口伝が伝承され、弘法大師(空海)直伝の求聞持法を
行ったとのことです。
弘法大師に求聞持法を伝授した大安寺の勤操大徳は、三論と
秦流方術の奥義を修めた高僧で、生駒山秦仙人の親戚であり
兄弟弟子です。

麗君さんの熱心な口添えで、齋藤先生から勤操大徳相伝の
求聞持法を伝授されました。
麗君さんの懇願には根負けしたと齋藤先生が笑っていましたが、
醐山清瀧党の秘伝伝授は滅多なことでは許されず、麗君さんの
力添えがあればこそ叶いました。
極めて異例なことですが、麗君さんの深い信仰心と大きな
人徳には、心から敬意と感謝をしています。

秘密の聖地には場所を教えてもらい一人で行く積りでしたが、
この話を聞きつけた富岡八幡宮の江戸っ子総代が大喜びして、
台湾聖地参拝ツア-の企画を組んだところ、参加希望者が
2000人を楽に超えたと大笑いしていました。
八幡様の御縁は、皆で分け合うと更に御縁が膨らむそうです。
その聖地へ皆さんを是非案内したいとの堅い約束でしたが、
果たせず、何とも心残りです。
何時か台湾を訪れ、その場所に立ち歌姫を偲びたいと思います。

テーマ:同人活動 - ジャンル:サブカル

12 : 37 : 48 | 秦流方術 | コメント(0) | page top↑
<<意外な交友録① | ホーム | 柱源神法の紹介⑨>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

上村俊顕

Author:上村俊顕
生駒山修験中興第三世宗家座主
生駒聖天党法呪師部大阿闍梨位
醍醐山清瀧党法務
生駒山宝山寺八王子分院
施法院院主                

生駒聖天党の灌頂大阿闍梨と
法務を兼務しています。
醍醐山清瀧党の法務担当です。
プロフィール写真は、清瀧党の
中でも雙龍秘伝を授けられた
者のみが許される印です。
得意は、歓喜天浴酒供です。
当山派生駒山流両部修験神道の
宗家と座主を兼務する傍ら、
柱源法流を受け継ぎ、秦流方術の
広報と興隆にも力を入れています。

最新記事

カテゴリ

紹介 (1)
コラム (2)
歓喜天 (7)
牛頭天王 (0)
秦流方術 (1)
柱源神法 (9)
修験道 (3)
両部神道 (0)
お知らせ (3)
ジャニ-ズ (1)

リンク

このブログをリンクに追加する