修験とは何か?②

先ずは、『続日本紀』から役行者像を紐解きたいと思います。

『続日本紀』は、文武天皇元年(697年)から桓武天皇の
延暦10年(791年)までの記録を扱う勅撰史書です。
延暦16年(797年)に完成しました。

『続日本紀』によると、役小角は文武天皇3年5月24日に、
伊豆大島に流罪となりました。
西暦699年6月29日の出来事です。
流罪の理由は、呪術で人々を妖惑したと密告された様です。
どのような事を起こしたのか不明ですが、島流しの罪人を
外従五位下の韓国広足は、師としていたと記されています。
この当時の常識では、有得ない話です。

韓国広足は、神亀年間(724~729)に、典薬寮の呪禁師を務め、
天平3年(731年)1月27日に外従五位下、翌4年(732年)
10月17日には典薬頭に任命されています。
恐らく、729~731年頃は、呪禁博士だろうと思われます。
この方の祖は、物部氏ですが、厭魅(呪いを防ぐために学ぶ呪術)
蠱毒(呪いをかけるために学ぶ呪術)を扱う専門職でした。
早い話、解毒薬と毒薬の生薬を取り扱います。
現代的に言えば、一種の催眠療法も行った様です。
史書に描かれているのは、ここまでの内容だけです。

逆に、ここまでの記述で読み解けるのは、呪禁師である
韓国広足の師匠は役小角なので、役小角も呪禁師です。
呪禁師なのですから、分類としては神仙方術士になります。
よって、雲に乗り空を飛ぶ逸話は、奥義を極めた者への
敬意を込めた伝説との答えが導けます。
実は、この話、生駒山相伝の口伝でもあります。

ところが、史実の文字だけを解釈していると話に無理が出て、
思わぬ大問題が生じるのです。
「典薬頭が流罪となった罪人を師と仰ぐのか?」
「そもそも、師匠を密告して罪人にするなど有得ない!」
「方士なのに、優婆塞なのか?」
「蠱道は、修験に含めても良いのか?」
「役行者が蔵王権現を感得した事は、どう扱うのか?」
「これだと柱源神法護摩の役行者相伝説が否定される!」
「山岳修業と冬山登山は、どちらが厳しいのか?」
「修験と両部神道及び山王神道の違いは何処か?」
他にも、多くの疑問や矛盾を抱えだして修験が成立しなくなり、
困った事に、古代の神道と古代の方術の境が曖昧になります。
ここで、更に別の道に派生するのが、「神道とは、何ですか?」
こちらの疑問点にも枝葉が伸びてしまい、江戸時代末期には、
慈雲尊者が葛城神道を提唱しました。

疑問点を明確にしようとすると別の疑問点が湧いて出て、
「鶏と卵は、どちらが先か問題」と同じ様相に陥ります。
そこで、役行者が生きていた時代的背景や時代の隙間を
埋める別の宗教指導者の存在を理解しないと話が一向に、
前へ進みません。
次回から、『日本霊異記』の記述も併せながら、更に深い解読を
進めて行きます。

18 : 20 : 18 | 修験道 | コメント(0) | page top↑
<<修験とは何か?③ | ホーム | 修験とは何か?①>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

プロフィール

上村俊顕

Author:上村俊顕
生駒山修験中興第三世宗家座主
生駒山 八王子施法院院主

最新記事

カテゴリ

紹介 (1)
コラム (0)
役行者 (0)
歓喜天 (0)
毘沙門天 (0)
大黒天 (0)
弁才天 (0)
修験道 (3)
柱源神法 (0)
真言神道 (0)
お知らせ (1)
Twitter (1)

リンク

このブログをリンクに追加する